CaptureWiz1369
高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみのこれから、何する?」。6月13日(水)の生放送では、「ベスト3先生」のコーナーに“ホリエモン”こと堀江貴文さんが登場。“好きを仕事にする方法”を教わりました。

堀江さんが「これなに」に出演するのは、多動力や宇宙開発について教わった昨年10月ぶり。トライアスロンで日焼けしたという、こんがり肌の堀江さんは見るからに健康的です。

そんな堀江さんが提唱する、好きなことを仕事にするための第一歩は、「まずは趣味にどっぷりとハマること」。その世界で第一人者になっている人は、周りの忠告に脇目も振らずに1つのことにのめり込んでいる人だと堀江さんは言います。「みんなバランスの取れた生活がいいと思いがちだけど、ほかのことを全部投げ出してでもいいからそれぐらいハマれることを見つけることが近道。まずはチャレンジしてみるべき」と力強い言葉を投げかけます。

ハマるものが見つかったら、次にするべきは“アウトプット”。つまり「思いを持って毎日発信することが大事」だと堀江さん。アウトプットするためには、そのことについて自分がきちんと理解していないと人に伝えることはできないと断言します。そして、「毎日やることで慣れて、それが経験になる。習慣化していけばどんどんアウトプットの質が良くなる」とも。

また、街で聞いてきた、アウトプットの仕方に悩む若者の声を堀江さんに聞いてもらったところ、「みんな“うまくいかない……”と言っているけど、1つのことにチャレンジして失敗して落ち込んでいるだけ」と叱咤します。そして、「成功している人がみんな最初からうまくいっているわけじゃない。何十回、何百回試してやっと1つか2つ当たるぐらい。とにかくやってみないことには、何がうまくいくか分からない」と鼓舞する言葉も。

堀江さんはそれを体現するかのように、小型観測ロケット「MOMO」の打ち上げをはじめ、日本の至宝“和牛”を世界へと広めるべく、和牛ディーラーの浜田寿人さんとアンバサダーユニット「WAGYUMAFIA(和牛マフィア)」を結成するなど、さまざまな活動をおこなっています。ちなみに、堀江さんの和牛のお店には、あのデビッド・ベッカムさんが来店したこともあるとか。

最後に堀江さんは、「みなさんのチャレンジを応援するために、『堀江貴文イノベーション大学校(HIU)』という、今までメルマガや本で発信していたことを実践する場を作りました。(周りの人と)同じベクトルを持って、一歩踏み出しやすい環境になっているので、興味がある人はぜひ!」と呼びかけます。「私も立ち止まってしまっているのかも。もっとやらないと!」とすっかり背中を押された様子のたかみなでした。